就業規則
企業と従業員とのトラブルを未然に防ぐために就業規則を
顧問契約について
常時従業員が10人以上いる事務所では、就業規則を作り、労働基準監督長に届ける必要があります。また、近年法令が頻繁に改正されていますので、すでに就業規則を所持している企業でも見直しが必要となってきます。
また、企業と従業員のトラブルとなる大きな原因は、社内の約束事(就業規則)が明確になっていない事に起因する事です。
トラブルが起きてからでは解決するのに長い時間がかかります。トラブルを未然に防ぐ為にも、企業も従業員も納得できる就業規則を作成する事が必要です。
1つでも当てはまる場合はご連絡下さい
残業代についての不安がある
問題社員の対応に困っている
5年以上就業規則を見直していない
テンプレートを利用している(コピーしている)
会社が大きくなった
社内ルールが少ない
産休・育休の取扱いが分からない
ふたば社労士事務所では就業規則を作成するだけでなく、就業規則を社員に周知し徹底してもらうための説明会を行います
当社では、社内を管理される方と綿密に打ち合わせを行い、その企業に合った就業規則を作成するサポートを行います。また、就業規則を作成して終了するわけでなく、作成した就業規則を企業の幹部や従業員に理解していただく為、就業規則説明会をおこない企業と従業員間でのトラブルを未然に防ぐようサポート致します。
何でも相談できる法律集団を目指してTEL.052-684-4863

ページの先頭へ